My Cart

Close

~喜んでいただけるを形にシアーズジュエリー~

5月の誕生石はエメラルド

5月の誕生石はエメラルド 宝石言葉、意味、由来など

5月の誕生石エメラルド

アクセサリー、ジュエリーなどとの相性が抜群に良い宝石には、数多くの種類がありますが、自分が生まれた月の誕生石は身につけると幸運を呼び込むと言われています。 今回は、5月の誕生石「エメラルド」の魅力や石のもつパワーをご紹介します。


5月の誕生石 エメラルド

5月の誕生石であるエメラルドは、エメラルドグリーンという言葉もあるように、神秘的な美しい緑色が特徴の宝石です。一般的に、ダイヤモンド、サファイア、ルビーとともに「四大宝石」と呼ばれ珍重されています。そんなエメラルドの性質や歴史、宝石言葉やおすすめのプレゼント、さらに選び方など詳しく見ていきましょう。

宝石言葉は「幸福」「幸運」「希望」「夫婦愛」など



傷の多い性質のエメラルド

エメラルドは鉱物学的には「ベリル」という鉱物のグループに属します。エメラルドはサファイアやルビーと比較されることが多いですが、この二つはコランダムという鉱物のグループなので、エメラルドとはまったくの別物です。同じベリルの仲間にはアクアマリンやモルガナイトがあります。

アクアマリンは海を思わせる優しいブルー、モルガナイトはほんのりと淡いピンクが特徴的ですが、性質的にはエメラルドと一緒なのです。ただ、この二つの宝石と比べるとエメラルドはずっと高価で、それにはエメラルドの希少性の高さが関係しています。

エメラルドの緑色は、ベリルにバナジウムやクロムが含まれていると発色される色です。そのなかでも透明度が高く濃い緑のものが上質のエメラルドとされます。ただ、エメラルドには石れいなど内包物が多く、細かい傷が内部にあるのが一般的であり、透明度が高くて傷のないものは滅多にありません。だからこそ、上質のエメラルドはアクアマリンやモルガナイトよりとても高価なのです。

逆に、きれいな透明で傷もないのにそんなに高くない場合は、人工石の可能性があります。エメラルドを選ぶ際は気を付けましょう。

また、エメラルドはモース硬度7.5~8の硬い宝石ですが、劈開性と言って特定の方向からの衝撃に弱い性質があり、内部の傷や内包物のせいもあって簡単に割れてしまうという弱点があります。エメラルドが四角くカットされているのはこのためです。四角くカットして、さらに角も落とすことで衝撃への弱さをカバーし、緑色の輝きを引き出しています。エメラルドが他の宝石には見られない珍しいカットなのは、こういう理由があるのです。



エメラルドにまつわる伝説

エメラルドという名前でこの宝石が呼ばれるようになったのは、スペイン人が産地のインカ帝国から持ち出してヨーロッパに広めた16世紀以降のことですが、エメラルド自体はそれよりはるかに昔から世界中で愛されていました。

最も古い記録は紀元前4000年ごろで、バビロニアでネックレスなどに用いられていたようです。エメラルドにまつわる伝説で最も有名なのがクレオパトラでしょう。古代エジプトで女王として君臨したクレオパトラは、特にエメラルドを愛し、毎日エメラルドの宝飾品で身を飾っていたと言います。他国からの客人にはエメラルドに自分の似顔絵を施して贈ったそうです。エジプトには「クレオパトラ鉱山」という自分の名を冠したエメラルドの鉱山まであったと言います。

さらに、エジプト南部、紅海に浮かぶトパズィオス島の宝石を、島ごとすべて自分のものだと主張していたほどです。ただ、この島で採れるのはペリドットであり、クレオパトラの残したとされるエメラルドのなかにもペリドットが混じっていたことから、彼女はこの島のペリドットをエメラルドと勘違いしていたのではないかと思われます。

ともあれ、この世の栄華をすべて手に入れたクレオパトラ女王がこれほど愛した宝石であり、エメラルドはその後も現在まで、多くの人を魅了し続けている宝石です。



エメラルドの宝石言葉

エメラルドは「幸福」「幸運」「希望」「夫婦愛」などの宝石言葉を持ちます。同じベリルの一属であるアクアマリンと同じで、幸せを運んできてくれる宝石です。また、恋愛成就や浮気封じなどのお守りとして効果があると考えられており、男女が愛を深めるための宝石として珍重されてきました。エメラルドを身に着けると、慈愛の心が芽生え、人とのコミュニケーションを円満にするとも言われているので、男女間の恋愛だけでなく、広く人間関係を円滑にするためのお守りとしても使えそうです。


エメラルドを贈るのにおすすめの人

エメラルドは5月の誕生石ですから、やはり5月生まれの人に誕生日プレゼントとして贈るのが定番です。それ以外では、恋愛成就や夫婦愛の宝石言葉から、知人のカップルに贈るのもよいでしょう。また、結婚五十五周年をエメラルド婚式というので、その記念のお祝いに贈るのもふさわしいです。もちろん、自分の恋人にプレゼントするのもよく、一途な愛を伝える最高の表現になるでしょう。


エメラルドの選び方とお手入れの際の注意点

エメラルドはその性質上、どうしても内部に細かい傷があるものが多いです。ですので、中まで透明な傷のないものを選ぼうとすると、手が出ないお値段になってしまいます。多少の傷には目をつぶって、なるべく緑色が濃いものを選ぶとよいでしょう。

お手入れの方法ですが、エメラルドは衝撃だけでなく水分にも弱い宝石なので、エメラルドのリングをはめたまま手を洗うようなことは避けてください。皮脂が付いた時には柔らかい乾いた布で優しく拭き取りましょう。





5月の誕生石エメラルドも選べる
人気の誕生石アイテム

日本全国送料無料、無料ラッピング済、最短翌日配送