My Cart

Close

~喜んでいただけるを形にシアーズジュエリー~

7月の誕生石はルビー

7月の誕生石はルビー 宝石言葉、意味、由来など

7月の誕生石ルビー

アクセサリー、ジュエリーなどとの相性が抜群に良い宝石には、数多くの種類がありますが、自分が生まれた月の誕生石は身につけると幸運を呼び込むと言われています。 今回は、7月の誕生石「ルビー」の魅力や石のもつパワーをご紹介します。


7月の誕生石 ルビー

燃え上がる炎のように深紅に輝くのが7月の誕生石のルビーです。「情熱の赤」という言葉があるように、情熱そのものが結晶したかのようなルビーは古くから多くの人々を魅了してきました。一時はダイヤモンドより価値があるとされたルビーには非常に長い歴史があり、最上のルビーの鮮烈な赤色は今でも世界中で愛されています。そんなルビーの歴史と鉱物学的な特徴、宝石言葉などについて見ていきましょう。

宝石言葉は「熱情」「仁愛」「威厳」など



旧約聖書の時代から愛されていたルビー

ルビーという名前の由来は、「赤」を意味するラテン語の「ルベウス」です。古い時代には赤い色の宝石はすべてルビーと呼ばれていました。古くは旧約聖書にもルビーの記述があり、古代ギリシアでは戦に勝つお守りとして兵士が身に着けていたそうです。

また、戦に勝つだけでなく、病気、悪運、呪いなどすべての災厄から身を守ってくれる宝石として大切にされてきました。また、ルビーには薬効があるとも信じられていた時代があり、古くからルビーの産出があったインドにおいては、ルビーを粉末にした秘薬が用いられていたそうです。

ルビーを体に取り込むと、恐怖心がなくなり快感が増幅されると信じられていたと言います。また、風邪や肝臓にも良いとされ、蛇の毒の解毒剤としても飲まれていたそうです。ルビーを薬として飲むなんて今の時代では考えられないことですが、それほどルビーには不思議な力があると昔から信じられていたのでしょう。



実はサファイアと同じ鉱物

日本でも「紅玉」といって古くから親しまれてきたルビーは、今でもダイヤモンド、サファイア、エメラルドと並んで四大宝石に数えられています。4つの宝石ともそれぞれ個性的な輝きで見る者を魅了しますが、実はルビーとサファイアは鉱物としては同じものなのです。

深紅のルビーと鮮烈なブルーのサファイアはまったく違う石のように見えますが、鉱物としてはどちらもコランダムであり、赤色のコランダムをルビー、青色や緑色の系統のコランダムをサファイアと呼んでいます。不純物を含まないコランダムには色がありませんが、微量のクロムが含まれると赤色が出るのがコランダムの特徴です。

ただ、ルビーになるコランダムはこのクロムの量が非常に微妙な割合で、その含有量が約1%のものだけがルビーになります。クロムの量が0.1%以下だと薄い赤色になりますが、それはピンクサファイアとして分類され、逆に5%以上もの多量のクロムを含んだものは、エメリーという黒い粒状の鉱物になってしまいます。エメリーは研磨剤や道路の滑り止めなどに用いられますが、宝石としては何の価値もありません。つまり、ルビーは非常に希少な選ばれたコランダムなのです。



ルビーの色の種類

ルビーはその色合いによって3種類に分けられます。色合いによって宝石としての評価が変わるので覚えておきましょう。

濃い赤で内側にテリがあるものは「ピジョン・ブラッド」と言って、最高級のルビーに分類されます。ピジョン・ブラッドのルビーはほとんどがミャンマー産で、紫外線に反応して蛍光色を発するのが特徴です。次に、おもにタイで採掘されるやや黒みがかったルビーの色を「ビーフ・ブラッド」と言います。ピジョン・ブラッドより透明度は落ちますが、深みとコクのある色合いを好む人は多いです。

もう一つが「チェリー・ピンク」と言って、おもにスリランカ産の透明度の高いものを指します。ピンクサファイアとされることもあり、ルビーとしては3種類のなかで最も低い評価です。ただ、その名の通り、可愛らしいピンク色でこれを好む人もたくさんいます。



ルビーの宝石言葉と贈るのにふさわしい相手

ルビーは7月の誕生石であり、宝石言葉には「熱情」「仁愛」「威厳」などがあります。ルビーの鮮やかな赤い色から連想された言葉なのでしょう。ルビーの赤色は情熱の赤として、昔から身に着けるとパワーが得られると信じられてきました。特に、積極性を表す右手に着けると良いとされ、昔の王侯貴族の肖像画を見ても、体の右側にルビーを身に着けて描かれているのが確認できます。

また、ルビーを身に着ければ自然と気品が高まり、身のこなしも優雅になるとも考えられていました。ルビーには赤いという特徴だけでなく、サファイアと同じくダイヤモンドに次ぐ硬度を持つという特徴があります。そのため、サファイアとともに地盤を固めるのに良い宝石とされ、身に着ける人の勝負運を高めてカリスマ性をアップさせるとも信じられてきました。

赤いルビーは情熱の象徴ですが、青いサファイアはクールで知性的なイメージがあるため、パワーストーンとして身に着ける場合は、情熱にあふれる積極的な行動派を目指すならルビー、堅実な知性派を目指すならサファイアというふうに区別するのも一つの方法です。

ルビーをプレゼントとして贈るなら、誕生石なので7月生まれの人にふさわしいのはもちろんですが、ルビーの持つ意味の積極性にちなんで、夢を追いかけている人のお守りとしてもステキなプレゼントになるでしょう。




7月の誕生石ルビーも選べる誕生石シリーズ

誕生石ラブハートネックレス
誕生石ハートネックレス

価格3,800円
誕生石クレセントムーンネックレス
誕生石 ムーンネックレス

価格4,980円
誕生石クロスハートネックレス
誕生石 クロスネックレス

価格3,800円

日本全国送料無料、無料ラッピング済、最短翌日配送